トップ / 様々な投資商品を知ろう

様々な投資商品を知ろう

投資商品の外貨建て

金融商品

外貨建てMMF投資への特徴

証券会社や一部銀行で取り扱っている商品である外貨建てMMFは外貨で運用される公社債投資信託で、外国の格付けの高い国債や短期債券等を中心に運用されています。外貨投資のため、分配金(金利)が高い、為替リスク、元本保証ではない等の特徴がありますが、税金の面で、為替差益が非課税というメリットがあります。ここが、外貨預金やFXと違う点です。金利に相当する部分は一律20%の源泉分離課税ですが、売却時の譲渡益は非課税となります。ただ、2016年1月から税制が変更になり、譲渡益も分配金同様、20%の申告分離課税扱いとなるので注意が必要です。

外貨建てMMFの特徴

ここ約二十年くらい、国内金利は歴史的低水準にあり、預金以外へ人々の関心が強まっています。数多くある商品の中で、特に外貨投資は、金利も国内よりも高く、為替差益を稼げる可能性もあるために、最近では急速に人気が高まってきています。ただ、外貨投資は為替水準の動向を読み誤ると為替差損を被る可能性があるというリスクがありますが、外貨建てMMFであればこのリスクをゼロにすることが可能です。というのは外貨建てMMFには満期がなく運用期間が無期限という特徴があるからです。このため、購入した後にたとえ円高に振れたとしても満期がないため円安になるまで保有し続けて売却すれば為替リスクを回避することができます。満期のある外貨預金と利回りもほぼ同じですので、有効な商品であると考えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資を始める人が増加中. All rights reserved.