トップ / バブル崩壊後の投資について

バブル崩壊後の投資について

外貨投資が注目のわけ

金融商品

金融商品への投資をする

バブル崩壊後、それ以前のように銀行預金では収益を稼げなくなってきており、預金以外の金融商品に対する関心が強まってきております。外貨投資もその中の一つとして注目されております。主に外貨預金、外国債券、外国株式、外国投資信託が挙げられますが、国内の商品と違って為替リスクがあることが大きな特徴です。今後の為替相場の動向を円安と予想して購入して予想通りの展開になった場合は為替差益を稼ぐことができますが、予想に反して円高になった場合は為替差損を被ることになります。このため、安定して収益を稼げるようになるためには、為替相場に対する知識と為替リスクをコントロールする実力が不可欠になってくるといえます。

最近の広く紹介される金融商品

最近では外貨投資と呼ばれている金融商品が広く紹介されています。これは日本円ではなく外国の通貨を利用して利益を得量とするものであり、日本円では考えられない高金利での預金や、為替の変動を活用した利益を得るという積極的な外国為替取引が行われるようになってきています。この様な行動は外国通貨を利用した投資として受け止めることも出来ますが、為替の変動という外的要因に振り回されることになる為替リスクが存在しています。長期に預金をしていても為替相場の変動によって損失が生まれることもあるのです。その様な仕組みであることを知っておくとよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資を始める人が増加中. All rights reserved.