トップ

投資を始める人が増加中

外貨投資の商品の種類

金融商品

投資の特徴と色々な商品

何が起こるかわからない老後の為に、少しでもお金を増やす為、投資を始める人が増えています。方法には色々な種類がありますが、その中に一つにあるのが外貨投資です。外貨投資の商品にもまた種類があり、外貨預金や外貨MMF、FXなどがあります。特徴は、リスクを分散出来る事です。日本の経済が駄目になった場合、円の価格は下落してしまうでしょう。しかし、通貨を分散しておけば、リスクを回避する事が出来ます。投資を行うには、コストの削減とリスクをどう回避するかが重要になるでしょう。証券会社を決める時も、取扱商品は何かを把握して、比較してから決めて下さい。

手軽に始められる外貨預金

1990年以降の日本の金利は歴史的低水準にあり、銀行預金以外の投資商品への関心が強まってきています。そうした中で、為替水準の動向の読みが当たれば為替差益が稼げ、かつ国内金利よりも高い金利が稼げる外貨投資も人気が高まってきています。外貨投資の中で手軽に銀行で始められるのが外貨預金です。外貨預金には普通預金と定期預金があります。普通預金は金利が低いものの、満期がないので円高になってもそのままにして円安になるのを待てば為替差損を被らずに済むこと、定期預金は金利は比較的高いものの、満期時に円高になれば為替差損を被る可能性があること、という特徴があります。今後の為替水準をどのように読むのかによってどちらに投資するのかを検討していけば、為替リスクをある程度コントロールできる魅力的な商品であるといえます。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資を始める人が増加中. All rights reserved.